kafun

1月の後半頃から九州などの早いところでは
スギ花粉が飛び始めるので、花粉症の方は対策が必要ですね!!

毎年、毎年のことですが、
なんと今年の花粉の散布量は今までに
無いほど大量だという話なので・・・。

花粉症の方には辛い時期が目前まで迫っています。
そこで、花粉症対策の3つのポイントを紹介したいと思います。

『生活面で注意すること』『花粉症(アレルギー)に効果的な食べ物(食生活の見直し)』の2つに絞って説明します。

a

良くこれ聞くのよね、、もう鼻がかゆいわ

「生活面で注意すること」

e6dfa019c021d1bfb6d1b278ae6c0fe7

自分が花粉症の症状でどのような状態になるのか
(目の痒み・鼻水・咳・頭痛など)を知り病院で薬を処方してもらうのは当然のことですね。

そのほかに生活面で注意することは、出来るだけ花粉に触れないということです。
これは案外簡単の様で難しいこと。

これから説明する内容をチェックしてしっかり花粉症対策を行いましょう。

室内で心がける事は、

①洗濯物など外に干している物は、必ず花粉を払い落として中に入れるようにする。
②花粉を室内に入れないようにするために窓やドアは常に閉めておく。
③部屋は清潔にするためにまめに掃除をする。
④ストレスを溜めないようにして、適度に発散する。
⑤飲酒や喫煙はほどほどにしてなるべく控える。
⑥睡眠時間を十分にとり、体調管理を整える。ことが大切です。

また外出時の注意点は、花粉症用のマスクやゴーグル・スカーフなどをして
花粉が肌に触れないようにすることです。

実は女性なら厚化粧をすることも花粉症対策には必須なのです。

a

家ならいいんだけど、外は。。

ファンデーションを厚めに塗ることで鼻から花粉が侵入することを防いでくれます。
コンタクトをはめている人は、花粉が飛ぶ時期には眼鏡にチェンジする必要があります。

目の痒みが出たときにコンタクトをはめてこすると、当然眼球に傷が入り視力をさらに低下させてしまうからです。
視力が良い方でも花粉症で目の痒みがあれば、花粉対策の医療用のゴーグルがおすすめです。


花粉対策の最新医療用のゴーグル(5,400円)

ドラッグストアなどに行けば3,000円ほどで市販されていますが、
少し値は張りますがこちらの方がおススメです。

a

これ凄そうね

この花粉症用ゴーグルは、医療従事者が身に着けるものとしてフィット感にも力を入れています。
デザインも悪くなく、一般の人が装着してもゴーグルとは見えない優れものです。

花粉がよく飛ぶ時間帯は正午から3時くらいまでで、
強風や晴れの日は比較的花粉が飛びやすいので、
なるべく用事がなければ外出は控えるようにしましょう。

人気のウールも花粉がつきやすいので外出時は控えるようにした方がいいです。
おすすめはさらっとしたさわり心地の洋服。花粉がつきにくいので
家に花粉を持ち込ませないので効果的!シャツやウインドブレーカーなどを羽織るといいですね。

「花粉症(アレルギー)に効果的な食べ物(食生活の見直し)」

sn207v

花粉症に効き目がある食べ物があると知っていましたか?
効果的な食物10と花粉症を悪化させる食べ物10を紹介していきます。
参考にしてどんどん食事に取り入れてくださいね。

≪花粉症に効果的な食べ物≫

①青魚:魚に含まれるEPAやDHAが鼻づまりの原因を抑制してくれることが分かっています。

②わさび:わさびの成分がアレルゲンタンパク質を別の物質に変えてくれる
作用があるので花粉症が緩和されます。

③バナナ:筑波大学の研究発表で8週間毎日バナナを食べると、
くしゃみ症状が緩和されたデータが出ています。

④レンコン:レンコンにはカテキンが豊富に含まれていて、埼玉医科大学の研究発表で
レンコンを9週間食べるとアレルギーを引き起こす抗体の血中濃度が下がる!というデータが出ています。
⑤ヨーグルト:ヨーグルトには花粉症の原因とされるIgE抗体を抑制する作用があります。
⑥ キクラゲ:花粉症にはビタミンDが効果的。そのビタミンDが豊富に入っている食物がキクラゲです。
⑦しそ:しそに豊富に含まれる「αリノレン酸」は、抗アレルギー作用があります。そのため花粉症予防に効果が期待できます。
⑧玉ねぎ:ケルセチンというポリフェノールの種類を多く含んでいるので花粉症の改善をサポートしてくれます。
⑨ふき:ふきにもポリフェノールの一種フキノール酸が含まれています。細胞からヒスタミンをブロックする働きをしてくれます。
⑩甜茶:このお茶は、早めに飲み始めると花粉症に効果的と言われています。予防対策には花粉が散布し始める2週間前から飲み始めましょう。

a

ヨーグルトなんかは、こちらの記事で紹介しているわ!

≪花粉症を悪化させる食べ物≫
①トマト・ほうれん草・なす・タケノコはヒスタミンを多く含むため花粉症のNG食材です。ただし加熱すれば大丈夫にはなりますので食事は加熱しましょう。
②メロンなどの瓜類はブタクサ科のアレルギーを発症するので注意しましょう。
③ファーストフードは免疫を下げる「トランス脂肪酸」が多く含まれているのでNGです。
④牛乳やチーズは食物アレルギーや花粉症を引き起こしやすくするので注意してください。
⑤ソーセージ&ハムは亜硝塩酸を含みます。これは、過敏症を高める刺激物なのでアレルギーを悪化させてしまいます。
⑥砂糖には粘膜を分泌させるのでアレルギーを悪化させる結果になるので取り過ぎに注意です。
⑦アルコールもNGです。特にお酒やビールはアセトアルデヒドが含まれるので鼻の症状を悪化させます。
⑧香辛料がきいた辛い食べ物は、鼻の粘膜を充血させてしまうので鼻づまりがますますひどくなってしまいます。
⑨マーガリンもファーストフードと同様に「トランス脂肪酸」を多く含むのでくしゃみなど鼻炎関係に悪影響を及ぼします。
⑩小麦粉にはグルテンが豊富にふくまれるので免疫力低下をしてしまうので注意が必要です。

あ

アルコールは勘弁してくれー

いかがでしたか?以外と知らない花粉症対策の食事もあったのではないでしょうか?花粉症が出始める前からこのような効果的な食べ物を食べるようにしていけば、症状を緩和させることができそうですね。今年は花粉症に効果的な食べ物をたくさん食べていきましょう!!

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002