花粉は春だけではなく、一年中飛散しています。ただ春の活躍が凄いので、それに目を奪われているだけなんですね。
ただ春花粉がおおよそ7割方占めているのは間違いありません。

この辺りは皆さんご存知のスギ・ヒノキ花粉が代表にあげられます。
この2つの花粉が北海道を除く全国の花粉症患者を悩ませているのです。

a

これは誰でも知っていますね。

9種類の嫌な花粉の原因

そのほかにも、9種類の花粉が飛んでいます。

①ハンノキ花粉(北海道・東北中心)は、1月から4月にかけて全国に飛散します。
②オオバヤシャブシ花粉(西日本中心)は、カバノキ科で兵庫県六甲山付近に生息し、3月4月がピークです。
③イネ科(日本全国)は、ピークは夏ですが花粉は4月の春から飛散します。ブナ科の仲間としてあげられる④ブナ⑤コラ⑥クリ花粉(日本全国)は、全国の山間部に生息しています。時期は3月から5月がピークです。
⑦ケヤキ(日本全国)は、4月5月に花粉が飛散するので景観がとても良いケヤキですがこの時期は花粉症の症状があるかたは避けた方が良さそうです。
⑧イチョウ(日本全国)は4月5月に花粉が飛散します。
⑨アカマツ(日本全国)は、日本庭園に使用されます。こちらの花粉飛散時期は4月から7月にかけてとなっています。
このように、春の時期の花粉はスギ・ヒノキを中心として以上の花粉飛散が報告されています。

あ

花粉は春だけではなく、季節ごとに飛んでいるのが分かりますね。

夏にくしゃみ!?夏花粉の正体

「草本花粉」といって夏頃から目の痒みやくしゃみ鼻水などの症状がでます。この草本花粉はイネ科・キク科・ブタクサ属といった雑草の花粉のことをいいます。

そのため、春花粉のスギやヒノキは花粉の飛散が何10キロも飛びますが、(高い木から飛散するため)夏花粉の草本花粉は植物事態が低いので花粉の飛散は10キロも飛びません。

詳しく説明すると①イネ科には「カモガヤ」「オオサワガエリ」もありこの花粉の飛散は
5月から8月となっており夏花粉の代表とされています。

おもに道ばたや河川敷に生息し牧草としても栽培されています。

②キク科では「ヨモギ」があげられます。8月から10月にかけて飛散し、繁殖力が強いです。
③ブタクサはヨモギ同様に夏から秋頃まで花粉が飛散します。

a

花粉症の症状を持っている人はなるべく夏場は河川などや畑に近づかないようにしたほうがよさそうですね。

あまり知られない秋花粉の正体

いっぱしの花粉症プロであれば、春花粉と秋花粉は対策が必要なのは知っていると思います。意外とこの季節厄介なんですね。夏の暑さから一転過ごしやすくなる季節に体調を壊しやすい時期に風邪と似た症状でやってくるので注意したいところです。

何故秋が厄介なのかというと、秋花粉を出しまくる身近な植物が住宅のあたりにうようよしているからなんです。

まず秋花粉の代表は夏から引き続くイネ科やブタクサに始め、クワ科の「カナムグラ」が8月から10月にかけて花粉が飛散します。荒れ地や道ばた・林周辺に多く生息し日本全国にあります。次にイラクサ科の「イラクサ」です。イラクサは9月のはじめから9月の終わりまで花粉が飛散します。

山や林の中によく見られる多年草で40センチから80センチの高さです。生息場所は本州や四国・九州に多く見られるようです。秋は雑草などの身近な花粉に気をつけましょう。

a

秋花粉なんて初めて知ったわ

冬花粉は安泰領域!?冬花粉の正体

冬は花粉症の方にとって朗報となります。殆ど飛んでおりません。ただなくはないです。
冬場も同じく花粉は飛んでいます。

とくに春から猛威を振るうスギ花粉やヒノキ花粉が早々と飛散することもあります。
そのほかハンノヒ花粉なども飛んでいる場合があります。

冬の代表花粉はアキノキリンソウとも言われています。特に強い風が吹いている時は、花粉も飛んでいると思って間違いありません。外出するときなどは、マスクを着用し家に戻ったら服を払うなどの注意が必要です。

冬だからと油断すると外からもってきた花粉で夜に咳が止まらないなどという苦しい症状になってしまいかねません。きちんと対応していきましょう。

あ

冬でも飛んでいるのか、、でもある程度は大丈夫そうですね

まとめ

このように一年の春夏秋冬オールシーズンを通して苦しめられる花粉症はどうしたら予防できるのでしょうか?

花粉が飛び始める2週間前くらいから早めに薬を処方しておくことや規則正しい生活をおくるなどありますね。
またストレスを溜めないことも大切ですし、夏以降の花粉の場合は生息地に近づかないようにすることも心がけたいポイントです。

最後に花粉症対策グッズの紹介です。マスクやゴーグルはよく知られていますが、
「花粉防止クリーム」や「静電気防止スプレー」はおすすめです。

花粉防止クリームは花粉が粘膜に侵入するのを防いでくれます。
使い方は鼻の周りにクリームを塗るだけという手軽さなので人気です。

薬局に市販されていますので是非チェックしてみてください。
また静電気防止スプレーも外出の際に洋服に吹きかけておくと花粉が付着するのを防止してくれます。
こちらを買い忘れても、選択するときに柔軟剤を使用すれば静電気防止になるので大丈夫!!

日頃から柔軟剤を入れて洗濯するといいですね。
このような点に気をつけて今年一年花粉症に悩まされないよう頑張りましょう!!

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002