Yogurt

発酵食品のヨーグルトは、腸内環境を整えるということで有名ですね。朝に食べる人が多いのもうなずけます。

ところで、ヨーグルトは花粉症にも効果的だという事はこちらの記事で書いていますが、全く効果が現れないといういう人もいます。食べるタイミングだったりヨーグルトの選び方だったりと、ヨーグルトの食べ方にもチョットした工夫があります。ですので花粉症とヨーグルトについて今回はお話しようと思います。

a

前回の記事では、ヨーグルトとミカンの皮がキーワードだったわ!


あ

ミカンよりも皮の方が良かったなんて驚きだったよね。

体質改善の一貫のヨーグルト

花粉症にヨーグルトが良い!と言われるとなんだか即効性があるように思ってしまいますよね。

でも実はヨーグルトを食べることを促しているのは、整腸作用効果で体質改善を目指して言っていることなのです。薬ではないので、即効性はなく改善がわかったと実感できるまでに時間がかかるのと、継続して食べ続けないといけないため、なかなか実感を感じることができる人は少ないのが現状です。

整腸作用と花粉症の軽減作用をもう少し考えてみましょう。

そもそもヨーグルトに含まれる乳酸菌は、免疫機能を正常に保ち、アレルギー症状を緩和させる働きがあると言われています。また、免疫細胞のバランスの乱れが原因で花粉症をはじめアレルギー症状が起こることが研究でわかるようになり、疫細胞の中でも「Th1」「Th2」が乱れます。つまりこのアレルギー症状との関係性は確実にありそうです。

ヨーグルトの種類の中には、このバランスを整えてくれる働きのあるものが販売され、効果があると言われています。(医学的根拠は担当の医師にご確認下さい)

a

まさかの関係性ね。これはかなり驚きだわ


あ

ヨーグルトは凄いね!

ヨーグルトの選び方

乳酸菌が腸内環境を整えると言われているのでが、腸まで届く乳酸菌かどうかもポイントになります。
そこで、今回は花粉症対策に効果が期待できる菌(ヨーグルト)についていくつかご紹介したいと思います。

LG21乳酸菌

最近このLG21乳酸菌というキーワードをよく目にしますね。meijiからもこのようにドリンクタイプとペーストタイプのものを売られているのをよく目にすると思います。

この商品は、主にピロリ菌に効果があると期待されているヨーグルトで、LG21乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌は胃酸などに弱く腸に腸に届くまでにほとんどが死滅してしまうそうなのですが、LG21乳酸菌は胃酸などに強く、腸内でもしっかり働くことが特徴です。

同じLG21菌をしているわかもと整腸薬もあるくらいですので、整腸作用の高い菌です。

BB536ビフィズス菌

森永のこちらの「ビヒタス」も見ることが多い商品ですね。

BB536ビフィズス菌の生物学的な正式名称は、「ビフィドバクテリウム・ロングム・bb536」といいます。ビフィズス菌は腸の中で乳酸と酢酸を糖で作られます。この乳酸と酢酸の強い殺菌効果で悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

ストレスを多く抱える現代人は、知らず知らずのうちに悪玉菌の割合が増えているということもあります。そこで、減少したビフィズス菌を補うために、腸までしっかり届く菌bb536入りのヨーグルトが注目されています。

また、インフルエンザやO157の感染予防に効果が得られたという実験によってわかっているようで、免疫力をアップすることで効果が期待できる花粉症など抗アレルギー作用も今注目されています。

OLL1073R-1乳酸菌

明治から発売されているR-1ヨーグルトの中に入っている乳酸菌です。とても人気の高いヨーグルトでスーパーやコンビニエンスでもよく見かけるヨーグルトの一つです。

この乳酸菌はナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活発にする働きがあるというのが一番大きな特徴です。食べ続けて腸に乳酸菌を届けると NK細胞が悪い細胞や菌、病原体を撃退してくれるという、力強い菌です。とくにインフルエンザや風邪に効果があり、今ガンの予防にも期待されています。

食べ方の工夫

ヨーグルトは、継続して食べなければダメだと言われています。どれくらいの量をどのタイミングに食べると良いのでしょうか?

花粉症対策にヨーグルトを取り入れる場合には、100〜200gほどのヨーグルトを食べるのが良いそうです。個人差があるので効果が見られるのは、1年先の人もいるし半年先の人もいます。

花粉症対策としては、花粉の飛散の2習慣前〜2.3ヶ月前から食べておくのがよいと言われています。
これは、体に定着して作用するのに時間がかかる為です。そして、食べるタイミングは、胃酸が弱まるタイミングを見計らって食べるのが効果的です。食後のデザートとして食べると食事で胃酸が弱まっているので、腸までしっかり届いてくれます。

今回はヨーグルトに焦点を合わせて書いてみましたが、何気に選んでいたヨーグルトにも様々な特徴があり、効果も異なるので、自分にあったヨーグルトを早く見つけて、食べ続けることが大切なんだと実感します。

花粉症になることは、とても辛いことですが、そのおかけげで体の声をしっかり聞き、健康に気遣えるアンテナをはれる感性が身につきます。

あ

花粉症は、ストレスや食生活、生活習慣の見直すきっかけにもなるので、悪いことばかりではないかもしれませんね。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002