f28ad6616bf408d804f17ef0104ede12

今にわかに注目されている花粉症治療として舌下免疫療法があります。この治療は免疫療法のひとつで、2014年に保険が適用され、安全で有効だとされています。保険が適用されることで、薬代も安価になりました。ただ、効果は個人差があるようで、全ての人に効果ががあるわけではないということは理解して治療を行うかどうかを判断する必要がありそうです。

花粉症の治療といえば抗ヒスタミン薬を飲むのが一般的なのですが、あくまで対処方でしかなく、根本的な解決を望む人にとってはうれしい治療法で、毎年の辛さから解放されるならと、治療をスタートされている方、また検討している方も、もう一度しっかり舌下免疫療法を知りましょう。

a

これ聞いたことあるわ!結構良いみたいよ


あ

「ぜっかめんえきりょうほう」と読むんだね

舌下免疫療法ってどんな治療?

今までは、注射で体の中にアレルゲン(アレルギーの原因物質)を少ない量から徐々に量を増やして体に入れていき、体を花粉に慣らしてアレルギー症状を和らげる治療です。

毎週1 回の注射を半年ほど続けるもので、濃度が最大に達すると、注射をする間隔をあけていき、一ヶ月に一度の注射を行います。これを3年ほど続けるという治療で、計画的に長期間行う必要があること、痛みを伴うものでした。

2014年に保険適用された舌下免疫療法は、スギ花粉の場合、アレルゲンを含むエキス(シダトレン)を自分の舌の下に2分間置き、その後飲み込みます。毎日一回これを行います。注射と比較すると、痛みを伴わないことはとても治療しやすくなりました。

治療期間は、注射の時と同様2〜3年程度必要です。1回目は医療期間で行い、以降は自宅で行うのですが、まだ新しい治療法で2週間に一度通院が必要です。

花粉が飛散する時期が限られていているため、体は異物だと判断するので、常に体に少量を入れることで、体が慣れて、異物だと思わなくなるという考えです。

a

なんか昔こういうのなかった?毒を少しづつ慣れさせる、、みたいな


あ

それ忍者の修行かい?笑

注意する点はありますか?

妊娠されている方や、気管支喘息・喘息の症状がある方、口の中に炎症や傷がある方、特定のお薬を使用している方は、この治療を受けることができないので、医療期間で相談してみてください。

小さなお子さんもこの治療をさせたいと思っているかもしれませんが、12歳以上が対象になります。高齢者の方は医師に相談して開始できるかどうかを判断してもらうそうです。

安全な治療法と言われているのですが、まれにアナフィラキシーショックなどの副作用があるようです。専門の医療期間での治療を行う必要がありますので、医師にご相談ください。軽度な副作用は、口腔内のかゆみや唇が腫れる、喘息の発作、腹痛などがあるようです。

a

安全性は高いみたいね


あ

これはお医者様にも認知されてそうだね

どれくらいの割合で効果が見られるの?

どのくらいの人に効果があるのかは知りたいところですよね。
約1割の人は完治し、5割ほどの人は症状が半分ほどになった自覚し、残りの2割の人は症状が軽くなったと言われています。残り2割の人は全く改善が見られないということです。

毎年の症状を考えて、こんな状態をぜひ改善したいと強く思う人には、ぜひオススメです。
完治する人は2割で、長期間治療を続ける根気と経済的な負担もかかるので、ぜひ自分なりに検討してみる必要があります。

まとめ

注目をされている舌下免疫療法ですが、長期計画で行う必要があるので、自分でできるかどうかはちゃんと見極める必要がある治療法です。仕事で忙しく通院が難しい場合もあると思います。

ただ、全く改善されなかったという人は2割ですので、かなりの確率で効果が見られるようなので、根本的な治療を行いたい方はぜひ一度、医療期間へ相談されるとよいと思います。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002