photo-03

バイオネットは、画期的な光治療の最先端ということで、当サイトではおススメしていますが、どういう点で強いのかを更に詳しく解説していきます。

a

そもそも光治療ってあまり知らないわよね


あ

聞いたことないよね

従来の花粉症対策

従来の花粉症対策というのは、辛い症状が出た時に、それを一時的に和らげる薬がメインです。CMなどで女優さんを多く使い、なんとかして薬で花粉症対策をしていこうという流れにしています。

しかし、それはあくまで症状が出た時に軽減させるために行うもので対処療法であり、根本治療ではありません。

同じく、医師の処方箋のある薬も同様で、市販薬よりかは強く効果が期待できますが、同じように一時的な対策に過ぎません。またステロイド注射も同じく、花粉症の季節であれば、かなり効き目はあります。というか、私自身で経験済みですが、注射は薬以上に即効性があり、確かに効きます。ただ、現状花粉症対策の注射を行っている医院は少ないのが現状です。

花粉症というのは、一番影響のある発症する季節が「春」と決まっており、一度発症すると毎年ほぼ発症します。ですので、必要なのは事前対策であり、根本治療を行うのが望ましいのです。

光治療のメカニズム~何故光が効くのか~

「バイオネット」は商品名ですが、これは単に花粉症対策用の商品ではなく、いわば治療を施す医療機器であるという考え方で良いです。

それではこの治療はどのような治療法なのかというと、少し専門的にはなりますが細かく説明していきます。そもそも花粉症は、アレルゲンが鼻の粘膜にくっつくと、人間が抗体を作ろうとし、それが原因で発症するメカニズムになっています。

詳しくはこちらの記事(花粉症のメカニズムを参照)。

a

確か、リンパ球が花粉を排除するためにIgE抗体を作る…だったわよね?


あ

そうそのIgE抗体が肥満細胞に結びついて、ヒスタミンが生産されるんだったよね

そして、その後、ヒスタミンが放出されることによって、いまいましいあの花粉症に繋がるわけなのですが、そこで普通はこの段階で、ヒスタミンのために抗ヒスタミン薬を飲むわけなのですが、その抗ヒスタミンに代わるものが人間の体内で出来る物質で打ち消すことが分かりました。

それは、一酸化窒素です。

一酸化窒素と聞くと、車の排ガスなどを思い浮かべるかもしれませんが、そもそも体内に存在する窒素酸化物の一種で、血管を柔らかくさせ、血栓の発生を抑えるとても重要な役割の担う気体なのです。

公益社団法人 薬学用語解説ページ

簡単に言うと、普段の体内にある気体を鼻の中に発生させれば、単純に花粉症の原因ともなるヒスタミンや化学物質の連鎖反応を防ぐことが出来ます。

低レベルナロードバンドの光を鼻の中に入れて、光を放射すると酸化窒素が作られます。この酸化窒素がとても大きな発見で、上に書いてある通り、抗ヒスタミンの役割を果たすことが実験段階で明らかになったのです。(特許技術)

勿論、これは公式の実験で臨床報告も全て終えたうえでバイオネットは、販売しています。
詳しくは、公式HPからご確認下さい。

何故皆は使っていないのか

これは簡単です。皆、あまりにも花粉症対策というと、薬というのが頭にありすぎて、こういった最新の光治療というのを知らないからなんです。またこの特許技術も昔からあったわけではなく、少しずつの実験段階を経てここまでやってきました。またバイオネットはCMも打っていません。

ですので、日本人の花粉症対策は薬であるということが刷り込まれているので、この段階から常識を覆すのは正直かなり難しいのです。また医療機器なので、その特許技術、臨床試験を突破出来た会社でしか販売することは出来ないのです。

バイオネットはここまでちゃんとした臨床まで行っていて、特許技術まで持っています。公式の認定証(厚生労働省認可)まであり、世界的にはとても有名ですが、日本では全くと言ってよいほど、知名度はありません。

ですので、バイオネット自身が最近日本で力を入れ始めてきて、私たちがその紹介として、商品の紹介をしているわけです。また私自身もバイオネットの会社のお手伝いをしていた時期もあり、それは記事に書いております。

【独占記事】バイオネットを販売している会社は安心出来る?~実際に仕事をさせてもらったその感想~

圧倒的なメリット:薬ではないから一切の副作用が発生しない

薬は、効き目があるものだと比例して、ほぼ100%副作用があります。勿論、人によってはという意味ですけどね。それは第二世代によって眠気は減りましたが、それでも多少はあります。現在の薬は優秀ですが、何度もいっているように対処療法です。下記の図で確認出来ます。

 対応薬など 副作用
抗ヒスタミン薬 多少の眠気効果。頭痛などを示唆
血管収縮剤 血圧上昇や不整脈、頭痛などを引き起こす可能性示唆

この光での放射は、組織に当てるだけで体内の酸化窒素を促すだけなので、副作用は一切ありません。ですので、他の薬と併用することが可能です。これが凄いですね。また当然ながら、小さい子供にも全く問題なく使うことが出来ます。

今までだと、「医師の指示に」などの注意書きがありましたが、そういったものは一切無しなのです。
そして、4分30秒というとてつもないスピードで終わります。

デメリット:電池切れになったら電池を用意しないと作動しない

当たり前ですが医療機器なので、電池切れになったら作動はしないので、2ヶ月にいっぺん取り替えないといけません。また当然「効くものだと」過信しすぎて、従来の花粉対策(部屋掃除、マスクなど)をやらなくなるというケースがあります。これは自分自身の体なので、医療機器だからといって必ずどの人にも効くわけではないということを認識すべきだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。辛い時期に当たり前のように薬を使用していたのがちょっと光明が見えてきませんか?このバイオネットは、お値段としても1万円程度となっており、かなりリーズナブルに購入することが出来ます。

世界では現在55万台売れており、55万人以上の人が使っているバイオネットを是非試してみてはいかがでしょうか。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002