photo-03

花粉症対策の光治療機として、注目を浴びているバイオネット。今までは飲み薬が中心でしたが、こういった医療器が日本に導入されるのは、とても嬉しいことでもあります。それでは、今回は今話題の最新光治療器のバイオネットの購入方法についてご紹介していきましょう。

a

新たな対策商品が登場って感じね。


あ

しかも飲み薬は続けて大丈夫らしいよ

バイオネットの購入方法と値段

購入方法は、公式のHPで購入することが出来ます。またAmazonとの比較記事も書いていますので、こちらもお読みください。

定価は15,800円ですが、現在割引き価格で9,500円となっています。送料は2,000円で、代引き手数料は無料となります。

クレジットでの対応もしているようですね。実質11500円で購入可能というわけです。

30日のクーリングオフがついており、効果があまりないと感じたら、返金が出来るので安心ですね!

値段は普通の薬と比べたらかなり高いと思います(処方薬ならばまぁまぁ高いが)が、これで花粉症の症状が和らぐのであれば、高い買い物ではないでしょう。治療薬ではなく、治療器具という扱いです。

バイオネット本当に効果はあるの?製造元は大丈夫?

効果は人それぞれだと思いますが、少なくとも臨床実験を繰り返し、特許技術をとっている商品なので、客観的に見て問題はないと思います。また実際に購入してみたという皆さんのレビューもこちらの記事にまとめてあるのでご覧下さい。

そもそも薬を投与するというものではないので、(光治療のため)ここはそれほど問題なさそうです。また薬と併用可能とあるので、商品に関しては大丈夫でしょう。

全年齢使えるため、お子さんがいる家庭や家族で使いたいという事も可能なようです。掃除の仕方は、布でアルコール使えば大丈夫です。

本社は、薬の大国シンガポールにあり、海外でもかなりの有名な会社です。本社に問い合わせの場合、あちらでは時間が逆なので、大体1~2日程度で返事が返ってきます(日本語)ので、安心して大丈夫です。また治療器具なので、重症の花粉症の人にも問題ないとのこと。というか、薬と併用が利くのが大きいですね。
大体、薬の場合は他の併用不可だったりするものもあるので。

この治療器具は、潜在的な力を持っている商品だとは思いますし、何より私自身(筆者自身)が実際に働いて感じたこともあるので、商品に対しては確実に問題ないといえるレベルです。

実際にこの会社で働いてみたという記事はこちら

使用法と副作用は?

使用方法は、バイオネットを鼻にセットして一定時間充てるだけです。
一日3回。一回の放射時間は4分30秒です。

薬だと副作用が必ずあるのですが、光治療なので、副作用は一切ないです。ぶっちゃげ、こんなんで良くなるのかと思うのですが、治療器具は大体こんな感じですのでね。

鼻の通りが良くなるので、いびき対策にも有効です。電池が切れたら終了で、電池の寿命は約80回です。一日3回と考えると、3週間は試すことが出来ますね。3週間だと、替えるのが思ったより頻繁なので、先に替えの電池を用意したほうが良いです。

また画像を見ると、鼻に入れるにしては大きいなと感じますが、縦52mm、横38mmと治療器具にしてはとても小さいです。(鼻に入れるための大きさ)

ただ入れるときに若干鼻がムズムズするかもしれませんが、そこは耐えてください。笑

花粉症治療機器は他にないので、まずはバイオネットを返金期間の間は試してみても良いと思います。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002