30bf2ce0f1fde5443ddf6a4d4aec71ef

花粉だけでもつらいのに、妊娠してしまった場合はどういった処置に
なるのでしょうか。産婦人科に聞くのが一番の得策ではありますが、
事前に情報を持っていたほうが何かと良いと思うので、今回は妊娠時における
対策をご紹介していきましょう。

妊娠期(初期~後期)

妊娠初期(妊娠第四週~七週)

この時期は、薬を投与するのを控えるべき時期です。
花粉症の時期は出来るだけ外出は避け、夫が帰ってきたら
出来る限り、花粉を落として家に入ってもらうようにしてください。

また、部屋の中が乾燥しないように加湿器を使用するようにしましょう。
また花粉センサーのある空気清浄機をダブルで設置しておくとより良いです。

また、局所温熱療法も有効で、これは40度程度のお湯を霧状にして鼻から吸入する
方法です。鼻粘膜を改善させます。勿論妊娠時だけではなく、通常の人が使用しても
全く問題ありません。

妊娠前期(妊娠三か月~四か月)

この時期も同様ではありますが、初期よりかは点眼薬を使用しても
問題ありません。(前提として産婦人科の指示に従ってください)
局所温熱療法は、妊娠時は全て有効なので上手く活用すると良いでしょう。

妊娠中期~後期(妊娠五か月~)

飲み薬を状態を見ながら服用していく時期です。
ただ薬剤に関しては妊娠時は特に慎重にすべきです。
何よりも健康体の時には問題が無かったものでも、ガラッと変わっている
ことも多いので、出来る限りの使用、服用は避けましょう。

また、妊娠前に済ませておくべきものとして、舌下免疫療法が有効です。

妊娠時はすっぱいものが食べたくなる

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、通常とは違った食の変化がみられることがあります。
中でもクエン酸が豊富なものを摂取したくなるというのは有名ですね。

基本的に柑橘系が食べたくなるのは、体の状態を現わしているとも言えます。
人によっては甘いものが食べたくなる人もいます。

生命を宿しているので、体の状態が不安定になっているので、
偏食にもなりやすい時期です。一般的にはがつがつと食べる人はいませんが、
揚げ物系は特に注意すべきでしょうね。

また、高循環させるために水を手元に常に持ち歩いていると良いでしょう。
水は飲んでも飲みすぎるということは特にありません。

寝る前に飲んで、常に喉を潤しておくことが肝要です。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002