私(サイト管理人)はそもそもがアトピー持ちで花粉症の症状がひどいため、なんとかならないかと改善をしているのですが、その改善をするに至っての直接的な原因はまさにこのアレルギー性結膜炎でした。

上部にあるのは、結膜浮腫の画像であり、アレルギー性結膜炎の場合ほぼ確実に起こります。いわゆる炎症が起きて痒みのエンドレスに入った場合、このように結膜がよれて白目との間に隙間が出来ることによって、その部分に水分が入り込み、浮腫が出来ます。結膜浮腫の場合、何もしていなければ治りますが、アレルギー性結膜炎にかかった場合、コンタクトレンズを使用してしまうと、かなりの高確率でまた復活します。

a

サイトの管理人はこうした苦労もあって、いまのサイトを立ち上げたのよね


あ

そうかなり苦労人なんだよ

アレルギー性結膜炎のまぶたの裏の状態

私の場合を話しましょう。下の画像を見てください。

参考URL:片桐眼科クリニック

まさにこの状態になっており、目の裏の部分がブツブツになってしまい、これはコンタクトレンズなどを使用していると、だんだんと大きくなります。そして、一度発動すると、このブツブツが収まるまで、大体2週間程度かかります。また収まっても再度コンタクトレンズを使用すると復活しやがります。

私は最初花粉症が原因なんだろうと疑っていたために、3月~5月はコンタクトレンズを控えていた(殆どしていなかった)のですが、それを過ぎても症状が変わらないので、おかしいなと思ったわけなんですね。

すると、眼科医の方が「あーこれは結膜炎だねぇ。アレルギー持っているでしょ」と。そして続けて、「左もアレルギーだけど、右目がかなり強いアレルギーだね。こっちかなり掻いたんじゃない?」

図星です。まさに私は右目だけ良く掻いていました。で、何度も通院してやはりコンタクトレンズはやめなさいと。そして点眼液を付けながら、おとなしくしなさいと。でも右目だけコンタクトレンズを付けないのは変になる(ストレスがたまる)ので、結局常時眼鏡を余儀なくされました。

処方された薬について

現在の点眼液はこちらを処方されています。

1.ケタス点眼液0.01%

2.オドメール点眼液0.05%

ケタス点眼液は、ド直撃アレルギー性結膜炎に用いられる先発品ですね。効果が強いためそこそこの副作用もあります。目がしみる、目のかゆみ、眼痛などです。私は幸いこういったことは起きていません。オドメール点眼液もド直撃で、角膜炎などにも使用され、目の手術後にも使用されている点眼液です。

今回お医者様が私に処方してくれたのは、やはりしっかりとした結膜炎に合ったものをチョイスしてくれたようです。やはり引きは早く、コンタクトレンズは使用できませんが、結膜浮腫にはかなり強い感じがします。

結膜炎にかかったかどうかは、まぶたの裏のブツブツがやはりポイントのようで、どの眼科医もしきりに私のまぶたの裏をチェックしていました。(まぶたをぐりっとやられるので、これ結構痛いんだけども笑)

自分でのチェックもできますが、自分だとぐりっとやる勇気がないので、まぁ診てもらった方が早いです。

酷くなったのは花粉のせい!?

これは何とも言えないところなんですよね。元々私は結膜炎の症状はありませんでした。気になりだしたのは20歳中盤あたり。確かそのころから花粉症にかかった時期でもあるのは事実です。だから勘違いを生んだわけですからね。もしくは併発症状を起こしてたのか、それは定かではありません。

ちなみにコンタクトレンズが悪いのではないかと、追及したこともあります。当時はチバビジョンを使っており、このコンタクトレンズは欠格が見つかり現在流通をやめたので、チバビジョンからボシュロムにしたんです。

したら今度はボシュロムと私の目の相性悪いのか、すぐに目の違和感を感じることになります。そして今度はチバビジョンがアルコンに代わってから、製品は良くなりましたのでこちらはどうかということで、こっちを使い現在もこちらです。

気になって調べてみると、アルコンは旧チバビジョンを吸収した会社のようです。ジョンソンアンドジョンソンというのを、当時は知らなかったので、知っていればそっちを試したかもしれません。結構コンタクトレンズはブランドによって合う合わない(症状による)がありそうなので、他も試してみると良いのかなと思います。少なくとも私の場合、コンタクトレンズのせいではなかったので、ブランドを変えることまでには至りませんでしたが、、

また場所によっては、ジョンソンアンドジョンソンしか扱わないよと言われたこともあります。その辺はまぁこだわらずとも良いのかなぁと個人的には思いますがね。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002