今流行りのセルフメディケーション税制というのがあります。これは一体何なのか。超わかりやすく説明していきます。この制度は要するに、医療費控除の特例扱いとなる税制で、その分自分に返ってくる還付金が増える可能性があると言っても意味不明だと思うので、医療費控除についてをまず知る必要があります。それをまず理解しましょう。

a

もう私こういう話大嫌い!


あ

大丈夫そんな難しい話じゃないらしいよ

医療費控除とは??

私たちは病気や症状に悩まされて、病院に行って治療を受けることはありますよね。この治療をしてもらった分のお金を病院などに当然払っているわけなんですが、このお金(医療費)は、国からの伝令で「医療費というのものは、国民にとってとても負担になるものだし、とても重要なもんだからいっぱい払っている人には少し戻してあげようね」というとってもお優しい制度が付いています。これを「医療費控除」といいます。

でもすぐに病院で2万払ったから、控除ですぐに2000円返してあげるね!というもんでもないんです。これは後に税務署にいって申告して「これだけ医療関連にお金使ったよー」と申告して、後に自分の銀行に還付金として、一定金額戻してもらえるんです。

さて、それどんだけ貰えるの?ってこなんですが、計算方法はすっげー面倒なので、ざっくりいうとまず年間10万円医療費として使っていないと還付金は0円となります。詳しく計算したい人は専門のサイトに行くとわかります。

※ちなみに医療費控除で、戻ってくる金額は基本的に一般の中家庭のサラリーマン(年収300万~400万円)ならば、1~2万円です。

だから10万円いっていない人は、そもそもお話しになりません、サヨナラってわけなんですが、今回のセルフメディケーション税制については10万円以下が激熱になります。

a

私は定期的に薬をもらっているけど、それがいくらなのかはあまり計算しないわね


あ

それは勿体ないね!貰うものはもらわないと

セルフメディケーション税制の医療費控除の仕組みとは??

さてその医療費控除について、今回のセルフメディケーション税制は、下記のような待遇になります。

「平成29年1月1日以降に、対象となる医薬品を年間1万2000円を超えて購入した際、1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることができる」といったものです。

参考画像:厚生労働省HP

要は、セルフメディケーション税制(下記画像)の対象となるものを市販で購入して、それが1万2000円以上だった場合は、医療控除が発動するということです。

んで、この制度はさきほどの通常の医療控除のものとは別枠になるので、どちらかを選択することになります。さっきの医療控除の例で漏れた人は、このセルフメディケーション制度によって救われます。素晴らしいのが、1万2000円からというところ。月あたりに換算すると約1000円。1000円程度は普通に使いますよね?

例えば、花粉症用のアレグラ14錠を一つ買うだけで、1188円なので、それだけでも月あたりの最低ノルマをクリアすることになりますね!

※通販で該当商品購入した場合、それが税務署で認められるには事業販売者にプリントアウトしてもらったものを郵送してもらう必要があるかもしれません。

ちょっとこれを基に計算してみると、一般家庭のサラリーマン(395万円以上695万円以下)で考えてみます。

10万円(マックス金額)を医療控除として申請した場合→26,400円バック!
5万円を医療控除として申請した場合→11,400円バック
3万円を医療控除として申請した場合→5,400円バック

通常の医療控除だったら、18万5000円ぐらい払っていれば、大体このセルフメディケーション税制の控除と同じぐらいの金額になります。だから、勿論これは人によって、変わってしまうんですが、一人暮らしだった場合は、発動しやすい制度になっているのかなと個人的には感じます。(医療費がそこまでいかないため)

今回のセルフメディケーション制度によって、花粉の季節到来でも、私たちにお金的には有利な展開になりそうです。積極的に控除対象のものは購入するようにしたいですね!

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002