皆さん普段からごぼうは食べていますか?

きんぴらごぼう、ごぼうチップス、ごぼうサラダとクックパッドのレシピを見てみると、沢山ありますね。ごぼうは、食感が良く、食物繊維が盛んで、調理次第でとても美味しく食べることの出来るものですが、欧米では薬用として取り上げられます。というのは、ごぼうを食べるというより根の部分をハーブとして用いるからなんですね。

ごぼうは、生薬や薬用としてはメジャーなもので、元々有名なもので、日本では健康食材として認識されますが、実は平安時代に中国から薬草として伝わったもので、歴史的に見ると相当古い食材なんですね。

a

良くおばあちゃんが作ってくれたわ。今でも田舎変えるとこのごぼう料理出てくるわ


あ

コンビニとかでもごぼうサラダとか、よく売っているよね

汎用性の高いごぼうのチカラとは

近代に入り、このごぼうは、こうした食材として利用だけではなく、お茶として処方されてから、研究データならびに実験結果が整ってきて、明らかに効果が見て取れるということで、一気に有名になりました。

アンチエイジング効果も高く、医療用として広範囲にカバーできることから、女性にも受け入れられるようになっていきました。

ごぼう茶は先ほど伝えたように、薬用で使われていたものですので、アトピー性皮膚炎やアレルギーには勿論ですし、非常に食物繊維が盛んなので、利尿効果や整腸効果があります。またお腹周りのメタボ対策に効果があるとも一部言われています。

ただ問題なのは、こうしたごぼうが安価で手に入ることから、業者数も増え激安のごぼう茶なんてのも売られることになりました。

ごぼう茶に関して言えば、一択です。あじかんのごぼう茶しか選択肢はありません。なぜ、あじかんでなければならないのか、
他のごぼう茶ではダメな理由を副作用やそういったことを含め、下記の記事でお話していきます。

あじかんのごぼう茶をおススメする理由

あじかんは昭和37年(1962年)10月創業と歴史ある会社です。本社は、広島市にあり、農産物の生産、販売をメインの稼業としています。あじかんの商品として出されるまでにはかなり長い期間を経て販売までいきます。特に学会での発表もあり、ごぼうならびにごぼう茶に関しては特許まで取得しています。

この特許取得には国際規格である、ISP22000,ISO9001,ISO14001を取得、またそのほか衛生管理方式の最高峰としてのHACCP(宇宙食の安全性を確保できるレベル)までも取得しています。つまり当然それぐらい長く続いている会社であるため、商品に関しての保証は確実に出来るということです。


当然のことながら自社工場を持ち、健康食品認定工場の役割であるGMP工場でごぼう調達から焙煎加工などの製造から販売まで、最高品質で確実に商品を届ける事ができるようなシステムを作り上げています。

a

あじかんのごぼう茶って凄いのね!


あ

いいね、本物の健康飲料だね

ごぼう自体の副作用はあるのか


~ゴボウの葉 wikipediaより~

さてそれでは、具体的にごぼう茶についての副作用ですが、まずこれは原料となるごぼうにそういったものが含まれているかどうかです。

ごぼうは、牛蒡と書きます。

キク科の植物で、縄文時代よりあったそうで、とても長い間人類とともにあった植物として知られています。食物繊維が盛んで、水溶性食物繊維(イヌリンが主成分)が特に強いです。

ポリフェノール含有量が高く、食感がとても良い事から、柳川鍋だったり、ごぼうサラダなど私たちの食卓に上る機会が多いです。ゴボウ自体の副作用となる可能性を含むものは、キク科であることなどで、かなり危険性は少ない食材ですが、少し気になる人は、知っておいたほうがいいです。

ごぼう茶の効果・効能 副作用はあるのか

副作用は、一番気になるポイントですね。

まず、お茶と副作用の基本的な考え方ですが、今まで聞いたことがありません。基本的に炒る作業や蒸す作業がありますし、副作用となる強いものは取り除かれているので、問題は無いです。毒素を含んだものを自宅で作るならば別ですが、茶摘みをする際に、ほぼ製法が決まってきているので、変わったものは、昔から変わっていません。

問題なのは、味の問題なのかなとは、個人的には思います。結構苦いものは苦いですからね。

ゴボウの新概念!?「サポニンの力とは」

ゴボウには、こうした効果・効能は知られていましたが、最近になって発見されたのは、「サポニン」です。ポリフェノールの一種ですね。

足のむくみなどもとり、冷え性にも強い。そして、滋養強壮作用も強いことが分かってきたそうです。滋養強壮というのは、簡単に言うと、養分を効率よく体に蓄え、体を強くするという意味です。アトピー体質の人は、抵抗力が落ちていて、自分で潤す力が無い事から端を発しています。

から、かなりごぼう茶は有効であるかと思います。ちなみにごぼう茶は、まずしっかり煮沸してやらないと、あとで悲劇です。というのは、煮沸ちゃんとやらないと、生でごぼうをかじっているような気分になります笑

そのぐらい癖があるのですが、しっかり煮沸すると、本当にごぼうの味がしっかりと味わい深いものになります。

 ごぼう茶は自分でも作ることが出来るが…

あ、ごぼうから直接ごぼう茶も作れますよ。作れますが、止めた方がいいと思います。

私やったことあります。ごぼうを畑からとったときに土とかをたわしとかで取ってとか、色々やること多いんです。なによりメンドイ。毎回飲むたんびにやるのも嫌だしということでやめました。ごぼう茶だと、パックになっているのでこちらのほうが圧倒的に楽です。

600円から始められるあじかんのごぼう茶試してみてくださいね。



600円から始められる!国産あじかん焙煎ごぼう茶

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002