ナタマメは最近話題で、良くナタマメ茶になることは聞いたことがあるかもしれません。ナタマメは刀豆と書き、その名の通り、刃物の鉈(なた)に似ていることからその名が付きました。また刀豆と書いたのは、江戸時代に伝わった農業全書が始まりだといわれています。

ナタマメは、大人の腕にも匹敵する大きさのサヤが特徴的です。当然マメ科の中では、最大級で、成長すると丈が5mぐらいまでになるのは珍しいことでありません。ナタマメはアクが強く生で食べることは出来ません。ですので食べられるようにするまで相応の労力がかかります。しかしその分の見返りは凄く、3つの薬効があり、それをまずはご紹介していきましょう。

a

ナタマメ茶って、この前通販で見たような気がするわ


あ

なんか最近テレビでやっているよね。健康茶だったかな

時間をかけてでも体に取り入れたい3つの薬効とは!?

まずは「カナバリン」と「コンカナバリンA」です。カナバリンは、これは排膿効果、抗炎症作用があり、コンカナバリンAは、抗腫瘍作用があるとされています。これらは、ナタマメにしか存在しないタンパク質で、有害物質が含まれることがあります。

豆類全般にいえることだが、ナタマメにも毒がある。とくにタカナタマメ・タチナタマメには毒が多い。食用とするのはアカナタマメ・シロナタマメといわれる品種である。粗悪な健康茶などには注意が必要。また、メッセージ缶に用いられるものは食用に適さない品種が使われており、食べることはできない。サポニン・青酸配糖体・有毒性アミノ酸のコンカナバリンAやカナバリンなどの毒素が含まれている。カナバリンは、アルギニンに類似した構造を持ち、アルギニンの機能を阻害しアンモニアが蓄積する有害作用があり、多くの昆虫がナタマメを避けるので虫害が少ない。

ナタマメ wikipedia

三つ目の「ウレアーゼ」は、高血圧やむくみに効果があると言います。

そもそもナタマメが注目されたきっかけは?

参考画像:NHKエデュケーショナル みんなのきょうの料理

元々民間療法として、使われていたものが、2002年の口腔外科学会総会での臨床結果によって、成果が発表されてから一気にナタマメの存在が大きく取り上げられることになりました。歯学博士の伊藤道一郎氏によると、臨床に12人の患者に協力を経て、5年間その臨床にナタマメ茶を取り入れたそうです。

そもそも何故お茶と相性がいいのかという話ですが、ナタマメの種子には栄養素がたっぷり含まれており、煎じることによって苦みが抑えられ、健康茶として取り入れる事が可能になるからなんですね。またナタマメ茶は飲むだけではなく、口をすすぐだけでも効果があると言います。

またナタマメは、あまり食材としては利用されていませんが、意外や意外、福神漬けに入っています。福神漬けはレンコンやダイコン、カブなどと一緒にナタマメを具材として入れているのですね。

治りにくい鼻の病気2つ

鼻トラブルで厄介なのは、蓄膿症と歯性上顎洞炎という病気です。膿が蓄積されるわけで蓄膿症はまさにその名の通りですが、これは膿を出すために何度も鼻をかまなくてはならず、そのせいで嗅覚障害や呼吸障害などが発生します。

また、歯性上顎洞炎の場合、口の中の病原菌から発症されるもので、歯から上顎洞と呼ばれるところまで病原菌が進行し、この病菌と戦うために白血球の死骸が膿に代わり、強烈な匂いを発します。

上顎洞は画像から分かるように鼻の奥といったところですね。この歯性上顎洞炎の場合は、根本治療として手術を行うという最終手段はありますが、なるべくここに至るまでに治るやり方を実践したいところですね。

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002