花粉症治療機として非常に注目されているバイオネット。

これがレビューを見てみると効く人と効かない人がいて自分はどちらなんだろうかと、悩んでいる人がいるようです。これは薬に関しての少し知識を持っておく必要があるのではないかと思います。

そもそも薬というのは完治させるためのものというのは極めて難しいものなのです。例えば解熱剤がありますが、これは一時的に痛みを抑えるといったものですので、急場を凌ぐためにそもそも開発されているわけです。人間の自己治癒力が存在しないのであれば、解熱剤の意味は全くないに等しいのです。時間が経ったら、痛みは戻りますからね。

第三者的な観点から…

だから原則その薬なりなんなりがどういった効果を及ぼすのかを理解することではないかと思います。幸いバイオネットの記事は当サイトにも色々置いていますし、私自身もこのバイオネットには直接広報といった形でかかわってきましたので、安心して良いと思います。

【独占記事】バイオネットを販売している会社は安心出来る?~実際に仕事をさせてもらったその感想~

光治療というのは、そもそも日本に治療概念として浸透していません。海外の療法であり、これはちゃんと臨床データもあるので、正直個人が効く効かないといったものではなく、データが出ているのです。臨床データだけではなく、特許も取得していますし、40万台という販売の下にデータもまとめてありますので、是非公式を確認してもらえれば良いかと思います。

button_002

で本題に戻りましょう。商品が自分に合っているのか合っていないのかというのは、デメリット部分を考えるということですね。デメリットとはこの場合副作用のことです。効いていないだったらまぁまだ分かりますが、副作用は困りますよね。

とりあえず副作用は現在開発から今までバイオネットの歴史上で報告はありません。

それでは花粉症に効くとは具体的には一体どういうことなんでしょう。簡単に言えば、花粉自体が舞ってしまうのは止められないので、鼻の粘膜を反応出来ないようにしていきたいですねor反応を弱めていきたいよねということなんです。

自力での対策は出来ない!

反応出来ないようにするには、自力では不可能です。これはそもそも努力の問題ではありませんからね(笑)

バイオネットは鼻づまり対策に効かない?効く?~何で鼻が通らなくなるのかを分かりやすく説明~

まぁ要は鼻はそもそも通りづらいってことですよね。そして鼻の粘膜が異常に反応してしまうことがこの花粉症の大きな問題になっています。で、その粘膜に反応しないように低レベルの光(可視光源赤色、630nmの短波長)を当て続ければ反応が弱まったでというデータを特許技術と申請したことが発端でそれを医療器として開発したわけです。

非常に明快ですが、内服としての存在としては全く異なる存在なので、対象としては全く違う商品であると理解してもらえればオーケーです。だから薬との併用も可能になっているわけですね。

だから誰にでも効くというわけではないよね??という説明は合っているとも言えますし間違っているとも言えます。だって科学的には可視光源を当てれば弱まるというデータを基にしているわけですからね。基本的にどんな人間にも効き目としてはあるはずですし、成長過程も関係ありませんから、子供にも問題なく使用できます。

実感というのは人によるは正解!

実際に効いていることと実感していることというのは大きく違います。単純に体は治っているのに、心が追い付かないみたいな感じですよね。これは非常に困りもので、心が追い付かないと殆どの場合、体も良くならないというのは、元々哲学から発祥したものなのですが、実際これはあるんです。

というのは、今まで数々の実験で例えば、目隠しをした人にアイロンを近づけますといって、間違えて触ってしまった(勿論アイロンではありません)人が赤くなっている実験もあるように人間の思い込みで、体が反応してしまうということは往々にあります。幽霊などもそうですよね。普段はそうは思わないのに、あれが人間の顔に見えるといわれると、突然悪寒が走ったりする人がいます。つまりこれは心が体に反応しまったケースですよね。

だから実感というのは人それぞれであり、合っていないと感じたというのは正しいと思います。

結論

商品のせいというより、商品は科学的なデータを隠し漏らさず提示していますので、それをどう実感するかは人によるよ(笑)

ってことなんですよね。でも最近はネットの普及のおかげで正しい情報にユーザーが行きつくことが多くなって、バイオネットの会社は広告媒体はとても弱いのですが、他社とは比べ物にならないぐらいの売り上げを出しています。そのおかげで還元することが出来るので、金額を2000円程下げて売り出し始めました。そこまでしなくても良いと思うんだけどなーと私個人は思いますが。(笑)

まぁでもそもそもそれほどする医療器具でもありませんから、使ってみたら良いというのが素直な感想です。ちなみに電池切れには要注意ですので!(笑)

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002