ウェザーニュースで2月後半から3月前半にかけてどの程度花粉を感じるのかをトピックで上がっていましたので、その記事を書いていきます。

参考記事はコチラ

2月後半と3月前半では感じ方が全然違うというのが分かりますよね。当サイトでは花粉に対しての防御対策に関しては、予防治療を!と口を酸っぱくして言っておりますが、毎年なんとかしよう、なんとかしようと思うもののいつも後悔するというのがありますよね。

あ

うわーつらい!仕事今日も行きたくないー!!


a

私もマスクは毎日欠かせなくなったわ

いつまで対策はひつようなのか

3月後半までは飛散は止まりませんので、とにかくもう対処療法でやっていくしかありません。日々のマスクは勿論、服に毎日花粉は付着するので、帰ってきたら必ずこの見えない花粉を落とすように努力していきましょう。

一番最善となる対策は、この見えない花粉を止めることと、口の中に花粉を出来る限り入れないことです。そして内部の花粉除去対策。

見えない花粉を止めるのは、まずは服の対策。花粉が付着しやすい服とそうではないものもあるので、出来るだけナイロン製の服と毎日新しいものにしていくのが望ましいです。というのは、この服はとても厄介で、付着した花粉が今度は床に落ちて部屋に花粉をまき散らすんですよね。

だから背広の場合は、花粉除去の空気清浄機の近くで出来るだけ取ってもらいましょう。そして家族への周知も徹底することです。誰か一人でもこれやらないとどんどん溜まっていくので、3月後半~4月前半には戦えません。

マスクの捨て方注意!

マスクをそのまま捨てていませんか?マスクは服と同様花粉が付着しやすく、そのままゴミ箱に捨てると舞い上がります笑

ですので、マスクの捨て方は袋に入れて捨てる事。スーパーなどで買うときについでに小さなレジ袋を少し貰ってもいいですし、100均でも大量に売っているので、それに包んで捨てましょう。また着用に関して、普通のマスクではなく花粉対策用のマスクが一番望ましいです。

薬は市販のもので対応するしかないが…

この時期になると薬局の花粉症コーナーに異常に人が多くなるわけなのですが、基本的に薬というのは一時的な対策法であり、確かに凌げはします。

皆が選んだ!花粉症対策薬まとめランキング

花粉症対策に関して一般的なものとマスク、家での対策をフルで行いながら防御してそれでも鼻むずむず、目は赤くなるというのはよくあることです。ですので、この薬と並行に花粉症の治療器具であるバイオネットを並行して使用してください。

バイオネットは、光治療対策器具として、その技術は特許を取得しています。詳しくはコチラ

薬と並行して行えてかつ効果がかなり高いのが実証されているのは、バイオネットと他にないと思われます。レビューも非常に高い商品ですからね。というより、私自身もバイオネット販売会社に関わりがあったので、是非購入を検討してもらえればなと思います。

【独占記事】バイオネットを販売している会社は安心出来る?~実際に仕事をさせてもらったその感想~

全世界で40万台の販売実績のバイオネット
日本の厚生労働省認可。特許取得済。花粉症の完全対策商品です。 Bionette Banner for FB
button_002